中古の家に住んで感じたこと

熊本市に耐震住宅の新築一戸建てを購入したきっかけは前の家の設備が摩耗し、リフォームの費用がかかるため買い直したほうが安くなることを言われたためです。中古の家は建設された時期が古いと耐震基準を満たしていないことや設備の修繕に対応できる業者が限られ、今後の人生が不安になるために思い切って新しい家を選ぶことにしました。前の家は40年以上前に建てられたため壁などの劣化が激しく、強い揺れが起きると壊れやすいことをアドバイスされ不安になったものです。

中古の家は設備が古くなるとハウスダストが増えやすく、知らない間に水漏れが起きて不快なにおいがするなど様々な不具合が起きやすくて戸惑いました。家はリフォームをすると新築と同様になると思われがちですが、だましだましになることや料金が高くなると逆効果になるものです。中古の家に住んで感じたことは設備の摩耗が進むと修理代が高くなるため悩むことが多く、今後の生活が不安になるためプレッシャーがありました。