建売住宅の建設と販売への流れ

PR| 仙台のリハビリでスポーツの秋を堪能下松市で人気のブライダルエステ | 収納家具のクラルテ | 豊田市に暮らしに優しい自然素材の家 |

大津市の建売住宅はこのように販売されました。建売住宅というのは、どのような場所で見る事ができるでしょうか。地方では広い土地を造成して、区画整理をし、その区画に次々と家を建てていきます。デザインはすべてが全く同じということではなく、少し外壁の色を変えたり、デザインに少しの変更を加えたりしますが、全体的な雰囲気としては似ており、それが続々と建てられていくという感じになります。

それは業者がまず先に家を建てて、これから買い手を探していくという商売であり、まとめて家を建てることでそのための費用を安くすることができる、それゆえに販売価格もかなりリーズナブルになる事が少なくありません。そして1棟の建設が終わり完成すると、展示会を開き、できるだけ多くの地元の人やそのエリアで家を購入したいと考えている人たちに、家の中を見てもらって、アピールをしていくのです。価格のわりに内装が豪華でデザインもよくて、これならば 建売住宅でも十分に満足できるという感触を得ることができると、商談が進んでいくことになります。

私が家を建てることを決断したのは、私が妊娠した時でした。それまでは旦那の実家近くで賃貸マンションに住んでいましたが、子供が生まれると夜泣きをしたり走り回ったりとご近所へ迷惑をかけてしまうかもしれないと考えたのです。旦那に相談すると「確かにそうだね」と理解してくれました。それから土地選びが始まったのですが、まず第一に周辺の治安が良いこと、第二に小学校や中学校が遠くないことをポイントとして探しました。買い物は常に車を使っていましたので、スーパーの場所などはそれほど気にしませんでした。

我が家の自慢はないのですが、ベランダがとても広く、洗濯物を干すのに便利なことと、小さいながらも庭があることです。庭は手入れが大変だとはわかっていましたが、それでもやっぱり土を見て触ることによって、子供の教育にも良いし、私達夫婦のリフレッシュにもなると考えました。残念ポイントはトイレがやや狭いことぐらいです。もう慣れて気になりませんけど。

旦那が「書斎が欲しい」と言っていましたが、それを設けると家族一緒の時間が減ってしまうのではないかと思ったので、よく話し合って結局造りませんでした。今も、ヤッパリなくて良かったと感じています。子供の成長を考えて、子供部屋はゆったりサイズにしました。それと収納も多めに取りました。

リビングを大きめにしたことで家族みんなで過ごす時間が増え、とても嬉しいです。個々の寝室はあっても、やはり家族団欒の時間は大切ですからね。

<PR>英語上達の秘訣|生命保険の口コミ.COM|健康マニアによる無病ライフ|生命保険の選び方|英語上達の秘訣|